胸の形

バストが崩れる様々な原因

筋肉の衰えによるバストの崩れ

バストが崩れる原因には様々な要因があります。
まず1つは、悪い姿勢によりバストを支える筋肉が衰えてしまうことにあります。バストの下には「大胸筋」という大きな筋肉があり、それが土台となってバストが垂れないように支えています。猫背のような悪い姿勢を続けることで大胸筋が縮こまり、十分な働きができなくなるとバストを支える力がなくなり下垂してしまいます。
また、姿勢の崩れや筋肉の収縮によりリンパの流れが滞ることで、バストに十分な栄養を送ることができず張りを失わせてしまいます。

 

加齢によるバストの崩れ

次に、加齢による衰えがあります。バストの約90%は脂肪でできており、脂肪と乳腺を「クーパー靭帯」という組織が支えています。クーパー靭帯は一度切れるともう元に戻すことはできません。バストが上下に激しく動かされる動作を続けているとクーパー靭帯が古くなったゴムのように伸び切り、やがて切れてしまいます。年齢を重ねるごとに古くなったクーパー靭帯を新たに作り出す機能が低下することもあり、加齢とともにバストは下垂してしまいます。

 

妊娠・出産・授乳によるバストの崩れ

そして、妊娠や出産、授乳もバストの崩れの原因となります。妊娠は、バストの育てる女性ホルモンの分泌が促されるため普段よりバストが大きくなりやすいと言えます。
しかし、出産・授乳の終了に伴い一気に乳腺が退化し、その急激な変化によってバストの皮膚がたるんでしまいバストの形が崩れてしまいます。過激なダイエットによってバストの形が崩れてしまうのも同じ理由です。

 

簡単エクササイズはこちら!