下着 選び方

自分のバストに合った下着の選び方

バストサイズに合った下着の大切さ

下着は女性が1日のうちほとんどの時間身に着ける、なくてはならない存在です。最近ではバストを大きく見せるものもたくさん売り出されていますが、下着は自分のバストに合った正しいサイズのものを使用することがとても大切です。サイズが合わない下着を身に着けていると、無理な締め付けによってバストの形が変形してしまうことや、反対に緩すぎてしっかりバストを支えることができずクーパー靭帯の緩みに繋がる恐れがあります。

 

ボディーサイズに合わせた下着選び

下着を選ぶ際には、必ずボディーサイズを測り直すようにすると良いでしょう。しっかりアンダーバストバストトップのサイズを測り、それを元にカップサイズを知り自分のバストの大きさに合った下着を選ぶことが大切です。
自分では正確に測れないこともあるので、ショップで店員さんに測ってもらうのが良いでしょう。同じサイズでも製品によってカップの形やアンダーのきつさなどが変わるので、購入の際にショップで試着させてもらうとより正確にバストに合った下着を選ぶことができます。
また、生理前にはバストの大きさが変化する方も多いです。生理周期を考慮して、こまめに採寸したり、プロの店員さんに相談して下着を選びましょう。

 

体の変化に合わせた下着選び

女性の体には、一生のうちに3回大きな変化が訪れると言われています。最初の変化は、10〜18歳頃にやってくる思春期です。バストが膨らみはじめ女性らしい体に変化します。
この時期は、バストの成長を妨げない下着を選ぶのが好ましいです。
次の変化は、妊娠出産後です。妊娠時にバストにもついた脂肪が一気にしぼむことでバストが崩れやすい時期なので、補正効果の高い下着が好ましいでしょう。
最後の変化は35歳前後に訪れる中年期です。全身に皮下脂肪が多くなります。ヒップや腰の脂肪の下垂によりバストも下に引っ張られるので、ヒップや腰回りから補正できる下着を選ぶと良いでしょう。

 

 

噂の「レディースプエラリア」